2007年09月18日

沖縄のスポット パート2

沖縄本島の北部に、大宜味村や東村、国頭村などの村があります。

この地域ではダイビングサービスの数は少ないのですが、
ダイビングポイントはじつにたくさんあります。

とても美しいサンゴ礁、洞窟や豪快なドロップオフまで
多彩なバリエーションが楽しめます。

とりわけ、最北端の辺戸岬周辺は、
沖縄本島の中でも、「手つかずの海」が楽しめる場所です。

断崖絶壁が続く陸上と同じくらい、あるいはそれ以上に、
豪快な海中景観を満喫することができます。

ダイビングスタイルは、ボートダイビングですが、
ポイントによってドリフトで潜ったりするケースもあります。

中上級者向けのポイントも多いと思いますが、
初級者向けのポイントも多いのでいろいろと選べます。

posted by スキュー at 00:00| 沖縄のスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

沖縄のスポット パート1

沖縄本島の北部は、山岳地帯で亜熱帯林におおわれています。

与那覇岳(標高498m)などが峰を連ねていて、
ヤンバル(山原)と呼ばれています。

しかも、世界中でここにしか生息していないといわれている
あの野鳥ヤンバルクイナ、ノグチゲラやヤンバルテナガコガネなど
たくさんの野生動物が生息しています。

さらに、たいへん貴重な植物である慶佐次マングローブ林、
タナガーグムイの植物群落などが多くて、
大自然を思いっきり楽しむことができます。

だからこそ、この地域ではダイビングの他にも、
キャンプ、ハイキング、カヌーなどのアウトドアや
エコツアーなども盛んなんです。

また、大宜味村喜如嘉は芭蕉布の里として有名です。
那覇のような都市とは印象がまったく違っていて、
「沖縄の原風景」を実感できるところです。

posted by スキュー at 23:11| 沖縄のスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

宮崎県のスポット パート2


パート1の続きで、
宮崎の海で会える魚たちです。

○クダゴンベ
 ・スズキ目 ゴンベ科
 ・伊豆半島以南の南日本?インド、太平洋域、 東部太平洋、カリフォルニア沖に分布
 ・身体に褐色の網目模様があります
 ・岩礁の流れのある所のヤギ類、ウミトカサ類を活発に動き回ります。
 ・宮崎では大島周辺の外洋で見られます。

○ピグミーシーホース
 ・紅色は全国でよく見かけます。
 ・黄色いピグミーシーホースは非常に珍しいです。
 ・詳しい生態はまだわかっていない神秘的な生物です。

○フリソデエビ
 ・フリソデエビ科
 ・駿河湾以南のインド・太平洋に広く分布しています。
 ・水玉模様がかわいいが、けっこう獰猛でコブヒトデやアオヒトデなどを引きちぎって食べるという獰猛な面もあります。
 ・赤と青の体色の個体が見られる
 ・宮崎でも良くペアでいるところを見かける

○ニシキフライウオ
 ・カミソリウオ科
 ・房総半島以南、インド・西太平洋域に分布
 ・水深12?35mの岩礁・サンゴ礁域に生息
 ・宮崎では、ヤギ類やウミトサカ類などの八放サンゴ類が多く擬態しているので根気良く探さないとわかりにくい。


まだまだ、会える魚がいます。
つづきは、パート3で…
タグ:宮崎
posted by スキュー at 10:00| 宮崎県のスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

宮崎県のスポット パート1


宮崎はいいですね。
温暖な気候で、1年中ダイビングシーズンです。

夏場には黒潮回遊のタイミングにあわせて行くのもグッドです。

宮崎は熱帯と温帯の中間。

ソフトコーラルとハードコーラルが混在していて、
ハマチ、ブリ、ウミガメなどの回遊魚あり
美しい熱帯魚もありっていう独特な環境です。

特に県北の日豊海岸と南北浦海岸、
県南の南郷町の大島周辺が、
おすすめですね。

ということで、
宮崎の海で会える魚を紹介します。

○ミカヅキツバメウオ
 ・マンジュウダイ科
 ・インド洋、西太平洋に分布
 ・日本では岩手県以南(九州以北は稀)に生息
 ・幼魚は湾内とか、4?5mの浅瀬で見られる
 ・成魚は単独ないし群れを作ります
 ・宮崎あたりでは秋になると必ず灯台下で群れを作っている


ちょっと長くなったので、パート2に続きます。

タグ:宮崎
posted by スキュー at 20:26| 宮崎県のスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スキューバダイビングスクール

ダイビングの楽しさや感動とっていうのは、
やってみなくちゃわかりません。

一度はダイビングをして、海の中を覗いてみたい。
そういう思う人って多いですが、
ダイビングをすることじたいが不安
っていう人は多いと思います。

そう思う人はまず体験コースを利用してみるのがいいと思います。

あるところでは、「ディスカバー・スクーバ・ダイビング」という体験プログラムをしています。
これは直接海で体験するのではなくて、
深度6メートルまでプールで体験するというものです。

内容はとてもお手軽。
ビデオやフリップチャートで簡単な説明を受けるだけ。
あとは、スタッフが手取り足取り教えてくれます。

ダイビングの基本的なルール、注意点、器材使い方、水中の楽しみ方など。

初めて水に入るときはドキドキですが、
スタッフが一緒に入ってくれるので安心です。

こういったプログラムを受けると、
自然にダイビングを楽しむコツを教わったり、
ダイビングの適応性を客観的に判断することもできるので、
一石二鳥です。

ダイビングはコツさえつかめば、
難しいものでも危険なものでもないと思います。

ですので、これからやってみようという人は、
こういった体験コースを是非受けてみたらいいかと思います。

posted by スキュー at 19:36| スキューバダイビングのスクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。